平成28年くまもと地震後の地域づくりへの提言、短詩の思いと祈り
「くまもと創生への道しるべ」が発刊されました。

テキストブック

熊本地震後のくまもと作りへ新たな提言を行っていこうと立ち上がった「くまもと新創生プロジェクト」。その第一弾として発行されたのが「くまもと創生への道しるべ」です。

地震後いち早く復興支援に奔走した東海大学准教授である新田時也氏、城下町新町・古町で地震後の避難所の運営にも深く携わった毛利秀士氏、被害が大きかった城南町で地震を体験し、短詩というカタチで地震を切り取った宮部素直氏。3部構成でくまもと地震を記憶し、その先にあるくまもと創生への道しるべが綴られています。

ご注文はこちらから