神秘的な雰囲気漂う 上色見熊野座神社(高森町)

高森町にある 上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)へ行ってきました!

熊本地震の影響を少し受けたところもありましたが、変わらず厳かな雰囲気が漂います。
参道には100基ほどの灯籠が並び、辺り一帯は静かで苔むした灯籠と石段が何とも言えません。

ここには「国産み」をした伊邪那岐命(イザナギノミコト)・伊邪那美命(イザナミノミコト)、阿蘇大明神 健磐龍命(タケイワタツノミコト)の荒魂と云われている石君大将軍が祀られています。

神社からさらに奥へ行くと「穿戸岩(ほげといわ)」と呼ばれる、大きな穴の空いた岩があります。
健磐龍命(タケイワタツノミコト)の怒りを買った従者 鬼八が、命から逃げる際に蹴破ったとされる大穴です。
この岩に触るとご利益、特に合格や必勝に関するご利益に効果があるとされています。

残念ながら「穿戸岩(ほげといわ)」まで上がる階段が崩れているため、岩に触ることはできませんでしたが、下方でもその大きく空く穴を確認できます。
また夏目友人帳の著者緑川ゆき先生が原作のアニメ「蛍火の杜へ」の舞台にもなったとも・・・

どこか身の引き締まる神社参りになりました。
高森へ訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかかでしょうか?

上色見式神社穿戸岩